プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

おいしい料理とは・・・何かを求め
食材を追求しています。
良い素材を求め日本中,そして世界へ本物探しをしています。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 「親子二代!!夢の扉2012」西の二郎54年の軌跡Vol 1 | メイン | 「親子二代!!夢の扉2012」西の二郎54年の軌跡Vol 3 »

2011年7月13日 (水)

「親子二代!!夢の扉2012」西の二郎54年の軌跡Vol 2

二郎は京都の美術大学へ通う為

滋賀県の親戚の家に

居候させていただくことに


都会育ちの二郎は

畑仕事になかなか慣れず

牛の世話係をすることに

当時の農家には田畑を耕すため

2.3頭の牛をかっていたそうです


二郎と三田牛


そのとき二郎の飼っていた牛は

但馬から連れてこられ

3.4年農耕に使った後

松坂へと出荷されたそうです

当時 牛の流通の手段は徒歩

一日に10キロ歩いて出荷するため

とにかく牛を健康に育てること

牛小屋を清潔に愛情をもって

世話をするように

伝説の名馬喰さんに教えられたそうです


今日のまかない

由良のウニのぶっかけ蕎麦

「本当にうまいもんを作るために料理人も本物を食べなあかん!!」

それが二代目の流儀なのですsign03

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/568897/28651523

「親子二代!!夢の扉2012」西の二郎54年の軌跡Vol 2を参照しているブログ:

コメント

先日は、久しぶりに日本一のステーキを堪能させていただきました。
ありがとうございました。
「ミシュラン」2ツ星に、恥じない、美味しさに感動いたしました。
先代様のお話、楽しみに読ませて、いただいております。
次回、いつ、神戸へ行かれるか分かりませんが、必ず、又、お邪魔させていただきたいと思っております。
その節は、よろしく、お願い致します。
ありがとうございました。

この度はお忙しい中ご来店いただき、心よりお礼申し上げ致します。
新シェフの料理を気に入っていただき、ありがとうございます。

ヒーリングタイム様のようなグルメな方が起こしいただいたときに
喜んでいただくための準備をし、この様にご評価していただくことが
私どもの、目標であり、最高の喜びでございます。

これからもより良い料理を目指し努力してまいりたいと存じます。
今後ともご支援・ご指導の程よろしく御願いいたします。

またお会いできる日を楽しみに致しております。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

あらがわ のサービス一覧

あらがわ
  • TEL050-3464-7672