プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

おいしい料理とは・・・何かを求め
食材を追求しています。
良い素材を求め日本中,そして世界へ本物探しをしています。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月23日 (火)

【夢の途中2013オーパスワン カーヴ編】

Img_2713

オーパスワン 醸造長マイケル シラーチ

「オーパスワン2001年は私にとって特別な年です

ティム モンダヴィとパトリック レオンからワイン メーカーを

引継ぎ醸造長に就任した年です

Img_2714

午前3時に起き 真夜中の収穫を始めたのもこの年から

品質向上のためあらゆる改革にとりくみました・・・」

Img_2744

今まで思い描いていた夢の世界がここに・・・

Img_2748

目に見えなくても改革の手を止めず

小さな努力を日々積み重ねてきた!!

オーパスの評価を高めた苦労人

尊敬するシラーチ氏と記念撮影

語らずとも私の目をみて

心が通じた・・・・

Img_2718

【オーパスワン2001マグナム】

ブラックカラント・ブラックチェリー・リキュールの香り

バニラそしてカシスやダークチョコレートの力強い味わい

が楽しめます。余韻は黒い果実とスパイス香が続きます

今 まさにピークにある味わい!魅力的な甘い香りと

官能的な余韻がいつまでも続く至高のワイン!!

Img_2783 

【オーパスワン2009】

熟したブルーベリーやカシスそしてリコリスの風味

ダークチョコレート・エスプレッソに加え

ブラックオリーブやミネラルのアロマが

底辺に感じられる

シラーチ氏曰く

「今はまだ若いが5年から10年後には

今すばらしい状態の2001年より

さらに良いワインになる自信がある

年々改革によりエレガントでグローバルなパレットの

ワインになっいている」

とのこと

Img_2738

6000CCのインペリアル

Img_2776

【オーバチュア】

オーパスワンの品質向上のためロットごとに醸造された

中からオーパスワンに使われなかったワインをブレンドして

作られる

今回リリースされたのは2007年を中心に

複数のヴィンテージがブレンドされている

アメリカンチェリー・ラズベリー・ミントの香り

充分飲み頃の状態にあり 今すぐたのしめる最良の一本!!

現在はオーパスワン ワイナリーを訪れた方のみの

おみやげとして販売されている

Img_2750

そして憧れのデビット ピアソン氏と記念撮影

神戸での再開を誓い

別れを告げる・・・・

そこを目指してきた夢の時間は

あっという間に終わりを告げる・・・

Img_2739

父から学んだ夢を成し遂げる

強い意志!!

この喜びが明日からの原動力となる!!

皆様のご支援に心からお礼申し上げいたします!

【夢の途中2013オーパスワン ランチョン編No2】

Front_w_sky_jpg1

オーパスワン社CEOデビット ピアソン氏

Img_2677

「皆様 オーパスワン ワイナリーへようこそ!

皆様と愉しい時間をご一緒できることに幸せを感じます・・・

乾杯に用意したAILE D’ARGENT2008は【銀の翼】という名の

フランスのシャトームートンのバロン フィリピーヌが

父バロン フィリップ ド ロートシルト(オーパスワン創業者)を

偲んで自ら醸造がした由緒あるボルドー最高の白ワインです

フィリピーヌの思いを感じながらあじわってください・・・」

Photo

【AILE D’ARGENTS】

Img_2692

【AILE D’ARGENT 2008】

Img_2680

人生最高の感激の瞬間を迎える・・・・

Img_2691

前菜は【キハダマグロのカルパッチョ】

Img_2695

Img_2699

Photo_2

メインは【ソノマ産鴨のロースト】

Img_2700

デザートは【バターミルクパンナコッタ】

Img_2716

最高のワインに素敵な料理!!

Img_2708

【オーパスワン2009】と【オーパスワン2001MUGNUM】

が用意された!!

Img_2843

あこがれのCEOピアソンさんとの食事!

「このまま時が止まれば良いのに・・・」

Photo

一生忘れられない思い出の1日に・・・・

Img_1695

運命の2011.09.28ギャドビ 康子さん来店!!

「あらがわさんとは良いご縁がありました」

という康子さん

ワインリストはオーパスワンのみの状態から

オーパスワンワイナリー訪問を目標に

カリフォルニアワインの修行を本格的に始める!

Img_2684_2

このパーティへ私をご招待してくださった

三恵海運の高田 肇 社長

オーパスワン世界の20人

2006・2009・2012と三回選出!!

世界を代表するオーパスワンラヴァー

としてピアソン氏との親交も深い

高田社長とのご縁もギャドビ康子さんが

演出してくださいました・・・

Img_2703

私「今日はお招きいただき ありがとうございます

ギャドビさんと出会ってからカリフォルニア

ワインの取り組みが次々と成功していきました

そして今日の日を迎えました

ギャドビさんと出会ってから3年で長年の夢だった

ここに来ることができました

彼女は私にとって幸運の女神です!感謝しております」

康子さん「山田さん 私日本に赴任してから2年たってないですよ!」

ピアソンさん「山田さん 康子は私にとっても最高の幸運の女神です・・・」

Img_2753

運命的な出会い・・・そして皆様に応援していただくことで最高のタイミングで

念願のオーパスワンに訪問できたことを心から感謝いたします!!

【夢の途中オーパスワン ランチョン編No1】

Bbs_7090

そしてついに長年 夢みてきたオーパスワン ワイナリーにて

【CELEBRATION OF OVERTURE AFTERNOON LUNCHEON】

が始まる!!

Img_2641

レセプションにて受付中!

Img_2805

【Miss OPUS ONE!!】

Img_2804

最高のお出迎えを享ける!!

Img_2651

迎賓は【KURG GRNDE CUVEE】が用意される

Img_2648_2

CEOピアソン氏・ギャドビ康子氏とごあいさつ!!

夢のオーパスワンに立てた喜びが込み上げる・・・

Img_2652

美しいメロディがパーティを彩る

Img_2654

オーパスワン社の方々の心尽くしのおもてなしに感激!

Img_2653

美しいカナッペが振る舞われる!

Img_2772

オーパスワン社

CFOロバート フォウルズ

ゲスト リレーションズ マネージャー

ジム ニコレット

の営業部門2トップ

Img_2670

そして地下の特別に用意されたパーティスペースへ・・・

2013年7月22日 (月)

【夢の途中2013オーパスワン畑編】

Img_2638

【OPUS ONE ESTATE VINYARDS】

1979年設立・初ヴィンテージ

ロバート モンダヴィとバロン フィリップ ドロートシルトにより

「ナパヴァレーから至高のワインを

つくりあげること!!」を目標に設立

澄み切った青い空が私たちを迎えてくれました!!

Img_2630

ワイナリー前のリヴァーパーセル20.2ヘクタール

は1983年に購入

カリフォルニアでは非常に高い

平均植樹密度6310本/h

葡萄樹は低く仕立てられている

Img_2636

区画ごとにナンバー

醸造も区画ごとに5つのフレーバーの違う

樽で醸造される

Img_2629

1984年南どなりバレストラ ヴィンヤード20ヘクタール購入

Img_2658

国道29を挟んでマヤカマス山脈の麓には1981年

モンダヴィから譲り受けた

トカロンQブロック14.2ヘクタール

2008年取得Kブロック19.4ヘクタール

Img_2634

葡萄はオークビルの雨の少ない気候

カリフォルニアの太陽を

もっとも浴びる立地により

最高の状態で生育していく!!

オーパスワンでは糖度だけでなく程よい良い酸

と熟したタンニンのバランスを考えた栽培・収穫

がなされている

Img_2822

ヴァレーフロアと呼ばれる平坦地で

太古に起こった洪水で土が堆積した

比較的肥沃な土壌!!

畑(リバーパーセル)の土は砂や粘土で乾燥し

コロコロした塊になっている

ナパ川に近い東側はより砂や粘土の比率が

高くなる

マヤカマス山脈側のトカロンブロックは

山からの土砂によりより水はけの良い

土壌

冬の間の降雨が地下に蓄えられ

開花期までの水分を供給する

総面積68ヘクタール

栽培面積61ヘクタール

年産24万本から30万本が生産されている

201202_mg_5407_3

そしていよいよ感動のオーパスワンCEOピアソン氏とのランチョンへ・・・

2013年7月20日 (土)

【夢の途中2013ロイエステート編】

Img_2571_3

今回もっとも楽しみにしていた

夢の【ロイ エステート】到着!!

Img_2599

プロゴルファージョニーミラーの牧場を買い取り

ロイ夫妻が2001年設立2004年初ヴィンテージ

初代ワインメーカー ヘレン ターリー

2005年よりロバートパーカー氏の推薦で就任したといわれる

フィリップ メルカが担当に・・・

Photo_3

マネージャーのロリッサ バセイン氏 

Img_2579

中心をながれる川を境に二つの微気候

(テロワール)がある

気象観測機器がフランスの研究家により取り付け

られている

Photo_4

葡萄は糖度が上がりすぎず 酸を保ったまま

熟していく最高の畑

霜害にも遭いにくい特別な気候がある

Photo_5

オーナー・シャーリー ロイ邸が

ティスティングルームとなっている

Photo_6

ワインメーカー・フィリップ メルカ

ロバートパーカーから無限の可能性を秘めている

といわれる天才醸造家

シャトーオーブリオン・ペトリュスなどで経験を積み

渡米 現在ブライアントファミリー・ダナ エステイト

クインテッサなどトップカルトワインのワインメーカーとしても

活躍している!!

Img_2590

【ロイ エステート カベルネソーヴィニヨン2008】

ブラックチェリー・レッドベリー・カシス・タバコやバニラの香り

後半に杏子やプルーンの甘いフレーバー

溶けた滑らかなタンニン

そしてエレガントな余韻がいつまでも続く

幸せの感じる至極の一本!!

Img_2592

ロイ収穫後の葡萄でつくった自家製グレープ入り

チョコレート!!

ロイエステートと最高のマリアージュ!!

念願のロイ エステートに立ちナパのワイン文化の

真髄にふれた喜び・・・・

Img_2607

夜はナパのCERADONにて

元オーパスワンのロジャー アスルソンさん

とアンドリュー ジェフリー醸造長兼オーナー

ピーター トンプソンさんとお食事!!

Img_2604

元オーパスワン副社長ロジャー アスルソンさん

気さくにお話してくださるナイスガイ!!

「最高の神戸のステーキが食べるのが夢!!」

神戸での再開を・・・

是非とも二代目のステーキを召しあがっていただきたい

ナパのワイン文化を築いてきた生きる殿堂!!

2013年7月19日 (金)

【夢の途中2013パッドランド編】

Img_2553

【パッドランド エステート テラ デル クオーレ】

ヘンリーとオルガによって2007年設立

ワインメーカー:ジェイ ブノクリスティアーニ

Img_2551

ソーダ キャニオン沿いの門から険しい山道へ

Img_2552

痩せた土地の山頂付近に畑とワイナリーがある

典型的なマウンテン ヴィンヤード

Img_2556

オーナーの別荘がテイスティング ハウスとして

アポイントがある客だけを対象にオープン!!

Img_2557

テラスにワインそしてベリーやチーズが用意される

Img_2558

【パットランド ソーヴィニヨン ブラン2012】

冷涼な気候を反映した豊かな酸そして

レモンや青リンゴの香りにハーブのティストが

特徴のエレガントな白

Img_2559

【パットランド ロゼ2012】

野イチゴ・チェリー・ピンクグレープフルーツ

などのフルーツにハーブや胡椒の香り

非常にドライで今後がたのしみなロゼ

Img_2560

【パットランド プロプライアタリー2009】

ブラックベリー・カシス・リコリス・バニラの香り

豊かなタンニンとバランスの良い酸

非常にエレガントで熟成が楽しみな赤

Img_2561

【パットランド シラー2009】

カシス・ブラックチェリー・チョコレート

そしてスパイス香・・・

複雑な味わいに用意された

ドライベリーがさらに味わいを豪華に!!

Photo_7

ハワイご出身のクィンシー ブレークさんが

邸内を案内してくれました

Photo_8

急斜面にある段々畑!!

Photo

邸内下側の花壇

Photo_2

庭のまわりにオリーブの樹が植えられている

Photo_3

サンジョベーゼの畑も・・・・

Img_2566

オーナーのユーティリティルーム!!

Img_2563

神戸版サイドウェイズ!?

2013年7月18日 (木)

【夢の途中2013シャト-モンテレーナ編】

Img_2544

本日二軒目の訪問は1976年伝説のパリティスティング

シャルドネ第一位!!

予想を大きく覆し、ブルゴーニュの銘醸をしたがえての

歴史的な勝利・・・

Img_2013

アラン リックマン主演の

ボトルドリームと言う映画が大ヒットし

ナパでもっとも人気ワイナリーに!!

Img_2546

スクリーミング イーグルの初代ワインメーカー

ハイジ バレットのご主人ポー バレットのワイナリー

としても有名です

Img_2430

【シャトーモンテレーナ シャルドネ2010】

レモン・ライムなどの柑橘系の香りにミネラルと

しっかりとした酸の感じられるクラシックな味わいのシャルドネ

MLFはおこなわずにステンレスタンクで醗酵 新樽15%以下

Photo_2

慣れ親しんだハウスワインのモンテレーナに着き

夢のナパヴァレーに来た感激が全身に走る・・・

Img_2539_2

シャトーの奥に広がる葡萄畑

偶然フィロキセラに耐性のある台木を使用していた

ため害に合うことなく生き延びた古樹の多く残る

灌漑施設のない畑

Photo_9

どこまでも青い空!!

美しい風景に心奪われる・・・・

2013年7月17日 (水)

【夢の途中2013ソマーストン編】

ナパヴァレー二日目

Img_2520_4

いよいよ夢にまで見たナパワイナリー訪問

チルズ ヴァレー【ソマーストン】へ

Photo_12 

ワインメーカークレイグ ベッカーに迎えられる

Img_2523

ソマーストンは

標高853メートルの山に

プリーストランチとよばれる牧場が営まれていた

638エーカーの土地に200エーカーの畑

2004年に設立された

Photo_10

オーガニック農法で

羊や牛などの牧場も営まれている

標高が高く理想のマウンテンヴィンヤード

として開拓されている

Img_2530

カートにて急勾配の畑を見学!!

Img_2526_2

葡萄は土壌や勾配などを考慮し

ソーヴィニョン ブラン・ジンファンデル

カベルネソーヴィニヨンなどが植えられている

Img_2531

【ソマーストン ソーヴィニヨン ブラン2009】

レモンやライムの果実味とともにミネラルや

豊かな酸も感じられる実力派の白ワイン

Img_2532

【プリストランチ カベルネソーヴィニヨン2010】

ブラックベリーやカシスの果実味の中に

しつかりとした酸の保たれたバランスの良い赤

Img_2533_2

【ソマーストン2009カベルネソーヴィニヨン

ナパヴァレーエステイト】

かなりの深い山と急勾配の畑に

生産者の情熱が感じられたが

わずか設立から8年でこれほどのワインが創られるとは・・・

ブルーベリーやカシスなどの果実の際立つ凝縮感

そしてバランスのとれた酸や樽の香り・そして複雑さ

最期に今まで経験したことのない官能的な余韻が続く

まさにナパマジックともいえる味わい!!

ナパヴァレーの生産者の実力そして無限の可能性を感じる

至高の一本!!

近い将来 ナパヴァレーを代表するワイナリーになることを確信!!

Img_2534

小規模ながら清潔感あふれる醸造施設

Img_2535

いきなり一軒目から目からウロコ

ナパヴァレーのワイン文化の実力を

思いしらされる・・・

【夢の途中2013シルバラード編】

7月10日よりカリフォルニア州ナパヴァレーに

ワイナリー研修ツアーにいって参りました

長年 夢見てきたナパのワイナリー訪問記

を皆様に感謝の気持ちと共にご報告させていただきます

Img_2888_3

第一日目 無事サンフランシスコ空港到着!!

風は冷たく 名物の低い雲が午前中は山に

かかっている

Img_2519

ナパ南部のシルヴァラード クレストへ到着!!

Img_2621 

ナパヴァレーのすばらしいワインを日本へ・・・

長年 ナパと日本の架け橋として活躍されている

【90PLUSWINECLUB】ジャック 坂崎氏と合流

Photo

庭に子狐も遊びにくる自然ゆたかなシルヴァラード!!

これから3日間 坂崎邸にお世話になる

Dscf0996

ナパのコールズチョップハウスというステーキ店にて

坂崎ファミリーに神戸組の歓迎会を開いていただく

ワインを愛する心がナパと神戸の人々の出会いを生み

そしてすばらしい時間を共有できました

これから感動のワイナリー訪問

すばらしい出会いがまっている夢の時間・・・

まずは感謝の気持ちをこめて

ジャックさんファミリーに乾杯!!

あらがわ のサービス一覧

あらがわ
  • TEL050-3464-7672