プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

おいしい料理とは・・・何かを求め
食材を追求しています。
良い素材を求め日本中,そして世界へ本物探しをしています。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メニュー Feed

2012年2月 1日 (水)

あらがわ伝統の味!!桜マスのスモーク!!

青森県産桜マス2.6キロ 初荷到着sign03

創業以来56年変わらぬ定番メニュー

「50年経った今も、お客さまに喜んでいただける

最高のクラシックとはそういう物・・・

そして シンプルでありながらさらに50年

たってもお客さまに感動をあたえる料理

それが俺の目指している理想の料理だsign03

二代目に手早く捌かれ

自家製の窯に作られたスモーク室にて

約1時間半じっくり燻製にされますheart04



あらがわ56年の伝統の味【サクラマスのスモーク】


50年後も感動が与えられる本物の料理を・・・


それが二代目の流儀なのですsign03

今日のまかない

三田牛100%ハンバーグsign03

スタッフにも本物を・・・

それが二代目の心意気なのですsign01

2011年12月 8日 (木)

今日の二代目!!


イタリアのアルバ村直送【白トリフ】


今日のは108グラム

早速 今日のアミューズにsign03


白トリフとフォワグラのミルフィーユ


本マグロにキャビアをのせて・・・

兵庫県津居山産本ズワイガニたっぷりのカニサラダheart04


そしてメインのステーキは三田牛サーロインsign03

二代目が自信をもってお送りするステーキの頂点

が今ここにsign03

【旬とはこのことを言うsign03


自然の旨みが凝縮されている【本物の味】

最高のお肉に最高のワインsign03

美食の極みheart04

シャンベルタン2004 ブシャール ペール エ フィス社


「今しかできない最高の食事を表現する」

それが二代目の流儀なのですsign03


2011年9月30日 (金)

「親子二代!!夢の扉2012」西の二郎54年の軌跡Vol 14

1995年1月17日 午前5時46分

M7.3の未曾有の地震

【阪神大震災】が二郎の最愛の神戸を襲いました

そして多くの友人の命を奪いました



二郎は真っ先にお店に向かいました

「店はなんとか建っとるが、肉を焼く窯が・・・」

すぐにおいしい肉が焼けるよう

長年 二郎が守ってきた

【窯の火】

が絶えてしまいました


このお店は

自前の店舗を建てることを目標に

こつこつと貯めた資金で

創業三年目に知人の材木商と

木材の競りで

樹齢100年以上の

日向松の原木を購入

二年乾燥させ製材し

二郎自ら設計し、大工さん二人と

仕事の合間に現場監督しながら建てた

二郎の分身なのです


二郎の大切なお肉を焼く窯はレンガが割れ

大きく傾いていました

早く窯をなおして、お客さまにお肉を焼かなければ・・・

本物のお肉の神戸の食文化がなくなってしまう・・・


二郎は二週間で窯をなおし、お客さまの来店に備えました

しかしながら水道そしてガスの供給が始まったのが二月下旬

やっとの思いで3月1日 三宮の飲食店の中では

かなり早く再開ができました


そして、店の周辺は倒壊したビルの解体などで

砂煙が立ち込めている状態が約一年続きました


「神戸が震災のときにいて良かった。神戸の復興のために

自分のできることは、この場所を離れず、

本物の肉を焼き続けること・・・」


神戸の食文化の復興を心に誓いました


そしていよいよ

【ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良2012】

の発表パーティが10月18日

【奈良】

に決まりました

奈良の食文化を守ってきた名職人や

情熱あふれる若き才能が

この日を心待ちにしていたことでしょう


そして今日

【ミシュランガイド北海道2012】が

来年4月に発売されることが発表されました

料理人にとって最高の目標です

いつか東北にも・・・

最高の復興の光のなるはずです

東北の料理人の方々も

夢を失わず頑張ってほしいと思います


「明けない夜はない やまない雨はない

日はまた昇る」

2011年6月27日 (月)

世界一のステーキ!!「親子二代!!夢への扉2012」神戸の粋フェア!!

神戸らしい料理とはsign02


二代目の料理のテーマでもあります

当店は神戸でないといけない理由があります

最高の肉牛の産地三田の


「三田牛」を


膝元で厳選できる地勢

牛肉にもテロワールが

ございます

産地そして農家ごとの特徴が

あるのです

最高の生産者の中から

さらに厳選したお肉が

あらがわへ届けられるのですhappy01

そして、京都・大阪・神戸の

日本料理の名店を支えてきた

兵庫県産の魚介類

明石・淡路の食材を厳選し

この夏、最高の料理を目指します

二代目が送る「THE神戸料理sign03

「神戸の粋フェア」が始まりますsign01

神戸の夏限定素材sign01由良のウニの自家製パスタhappy01happy01


これも神戸の夏の旬heart04アナゴの炭焼きsign01


これがスズキsign02と思える本物の味sign03


これぞ二代目の意気sign03天然車海老のカクテル


など神戸が誇る前の海

明石・淡路の厳選魚介類の前菜sign01

二代目が日替わりでご用意しますsign01


日本一のタコsign01明石ダコのサラダhappy01


特製炭焼き釜sign03

二代目の職人の粋が今最高潮なのですsign03

「神戸らしい本物の料理をsign03


これが二代目の流儀なのです


「神戸の粋フェア」期間7月1日から8月13日まで

皆様のお越しを、心よりお待ちいたしております

2011年6月 7日 (火)

世界一のステーキ!!「親子二代!!夢への扉2012」本日のシェフのお勧め!!

境港産天然本マグロ入荷!!

まぐろは二代目にとっても

特別な思い入れがある

食材です

年末のピークのマグロも良いですが

夏場 日本海で獲れるマグロの

フレッシュな味も格別ですhappy01

本物の味sign01天然本マグロのマリネsign01

本日は赤ピーマン入りのリンギーニを打ちましたsign03

麺の国日本で

お客さまに感動を与える上質の麺を求め 

二代目がもっとも力を入れてきた手打ちパスタsign01

二十五年打ち続け やっと理想の麺に近づきましたhappy01


夏野菜のリンギーニheart04二代目風sign01

2011年2月 2日 (水)

桜鱒!!初荷到着!!

青森から春の訪れを告げる旬のお魚

「桜鱒の初荷」が届きましたhappy01


青森産サクラマス2.6キロ


早速自家製の窯でスモークにsign03

こちらも初荷のホワイトアスパラガスを添えましたhappy01happy01happy01

この時期のサクラマスは産卵期に入る前の

最高の状態のものを厳選sign03

素材に徹底的にこだわる

あらがわの料理の神髄ですsign01

国産・沖どれ・生にこだわった

「究極のサーモンフェア」開催いたしますsign03

期間2月1日より3月31日まで

是非 このご機会に日本の本物の味に触れてくださいheart04

2010年12月22日 (水)

初冬の旬の極み!!

「今しか食べられない最高の旬の素材を!!」


料理人の思いが届いたかのように

信頼する取引先のみなさまから

「是非、シェフにつかってもらいたい」

と今年最高の素材がぞくぞくと届きましたsign01

今年最大の巨大黒トリフ180グラムsign01

大きい物ほど香りに迫力がありますsign03


そして料理人あこがれの


12月の大間産180キロの天然本まぐろ到着happy01happy01happy01


そしてあらがわの伝家の宝刀三田牛が

11月に仕入れた今年最高のお肉が

現在最高の状態にsign03

シェフいわく肌理が無いheart04

また食べたいといわれても

次いつこんな良い肉が用意できるか・・・・

困るsign01


そして今年勝負の時と


クリスマスメニュー


に全力を注ぎました

シェフからの一品

フォワグラとリンゴのミルフィーユhappy01

オードブル

情熱の結実sign01大間産本マグロのマリネ キャビア添え

サラダ

黒トリフドレッシングのサラダ

メイン


今年最高の肌理なしサーロインステーキsign03

塊でお焼きし、お取りわけさせて頂きますheart02

お肉のつけ合わせには


黒トリフのリゾット


をご用意いたしましたhappy01

デサート

あらがわ特製ブッシュ ド ノエルheart04


お茶菓子


願えば叶えられる


料理人が今年最高の食卓をめざした

初冬の旬の極みが今ここに・・・

2010年12月 8日 (水)

初冬の旬とは!?

初冬の旬とはsign02

師走のこの時期、日本の厳しい冬を乗り越える為

さまざまな山の幸・海の幸が

もっともおいしい時期

を迎えますhappy01


牛肉にも旬がございます

厳しい冬をのりこえるためエネルギーを

溜め込みますring

二郎の長年の願いが通じ

現在三田では霜降りに頼らない

旨みのあるお肉の生産がされておりますsign01


奇跡の旬sign03

もっとも手に入れにくいこの時期の

北海道沖どれキングサーモン8.8KG入荷sign01


料理人が食べていただきたい最高の状態の素材を使った

自家製キングサーモンのスモークsign03


日本の海を代表する初冬の旬sign01

天然本マグロ(本日は松前産)


天然本マグロのマリネ

今しか味わえない旬の極みsign03

フランスの初冬の旬代表sign01


フォワグラに初冬の香りをのせてheart04


兵庫県の海の幸sign01初冬の旬代表sign01

天然ズワイガニ(今日は兵庫県津居山産)


ズワイガニの炭焼き黒トリフの香り


などなど料理人が使いたい

是非 召し上がっていただきたい

旬の素材を厳選した

今しか味わえない

最高の旬を切り取った

「料理人の夢の料理フェア」なのです

今日のワイン


シャンボール ミュジニー レ サンティエ2008 R.グロフィエ

是非、一度味わっていただきたい優しいお味のワインですheart04


2010年11月16日 (火)

ワイン界の天才!!

南半球最高といわれるTORBRECK

のDAVID POWELL氏ご来店

1994年に独学でワイナリーを開き 南半球最高の

ワインの作り手に!!


「世界中の有名店にいったが今までで最高においしいステーキ、

必ず帰ってくるから!!」

とのお言葉をいただきました

初冬の旬の味

「北の海の天然本まぐろ」

今年の冬は徹底的にこだわりたいと思います

天然本まぐろのマリネ

そして肉にも旬があるsign01三田牛ももっともおいしい時期にsign03


ステーキの王道サーロインあらがわsign01

今日のワイン

トルブレック ウッドカッター2008

トルブレック ザ ファクター2002

天才の真髄が味わえる最高のワインですheart04

2010年10月12日 (火)

夢への扉!!悲願達成へ最強の援軍到着!!

二郎の悲願達成の応援の為

小山薫堂さんが駆けつけてくださいました

自分の料理が世界基準でブレがないか

二郎がもっとも楽しみにしている瞬間です

2007年

一本の国際電話が

二郎と小山薫堂さんの信頼関係を

築きました


「親父さん 比較の対象になりませんでした

申し訳ございませんでした・・・」

アメリカNo1といわれるステーキ店

に行く前夜

「親父さんの焼くステーキの味を頭に

刻んで、アメリカへ取材にいきます。」


三日後

小山さんから一本の国際電話が・・・


それ以来、取材嫌いの二郎が


「薫堂さんの取材はいつでもするから」


と自分の料理をすばらしい表現で

文章にしていただく

喜びを感じました


名脚本家と名職人

物創りにかけた情熱の

赤い糸で結ばれていました

ミシュランガイド掲載の

ステーキハウスは

世界で

1つ星が6軒

目標は2つ星以上


「世界一おいしいステーキハウス」


の悲願達成を

小山薫堂さんと誓い合いました


取材の記事は「ダンチュウ20周年記念号」

に掲載されます

料理人の夢の舞台

「ミシュランガイド京都 大阪 神戸2011」

発表まであと7日

あらがわ のサービス一覧

あらがわ